日本と天皇



■メニュー
後鳥羽天皇
後水尾天皇
孝明天皇



日本と天皇

孝明天皇のおことば(1831-1867)第121代 江戸幕府
「母は、常々皇室の魂、精神、心をよく説かれ、私はそれを大事に思っている。 こうも、幕臣や忠臣の者が、私を担ぎ出して私が仕方なく前に出たというのに、肝心の者が逃げ出してしまった。(首謀者を罰しようとしたが、逆にやられた。)せっかく産んだ子も、産婆が受け取った後、なぜか死んだり、徳川は私の子が出来ないように仕掛けてばかり来る。   私は、ここで清らかに居られる。このような形(土葬)で葬られているのは、魂がミアレと呼ばれる生命の源に戻るため。だからこそ、人は死んだら神になれる。   ただ、仏教を受け入れるにあたり、大事なのは、神が誰かなのではない。人の生きて死んでいくことについて(考えが)同じであればどの宗教がいいということもない。それゆえ、仏教も受け入れている。キリストとか言う宗教でも、ひとは死んだらミアレの国に行くという……」

平安神宮(孝明天皇)
雅子様ご快癒ネット記帳を行っております。

記帳はこちらから

藤原朝臣一同

雅子様ご快癒を祈る国民の声

2012/08/18(Sat)23:20:50 藤谷節子(主婦)
雅子妃殿下の一日も早いご回復をお祈りいたします。
2012/08/26(Sun)23:02:20 佐藤 巧(会社員)
最近、ご公務に復帰されてきてよかったと思います。愛子様もお元気で何よりです。
2014/11/25(Tue)21:37:48 ()

2014/11/26(Wed)03:59:20 ()

2015/01/11(Sun)01:51:40 ()

2015/02/18(Wed)05:14:41 ()

2015/05/01(Fri)16:15:50 ()